オフィスワークには種類がありますが、仕事内容が一緒でどの職種にもある場合もあり、経験を積めば慣れてきます。

日本とどう違う?海外のオフィスワーク事情

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索



Navigation
日本とどう違う?海外のオフィスワーク事情

オフィスワークについて

オフィスワークには、総務、経理、人事、営業事務など種類があります。それぞれ仕事内容に特色があります。総務は会社の中の整理、経理は社外とのやり取りのお金の管理、人事は社内の部署への人事の配属研修など、営業事務はお客様との電話でやりとりをして、直接販売にかかわることがあります。どれも必要な仕事ですが、向き不向きもあり、細かいことが得意な人は経理向きであり、人と関わることが好きな人は人事に向いています。また、仕事をしているうちに新たな自分の発見もあるかもしれないです。またいろいろなことを経験してみたいと思うかもしれないです。

それぞれオフィスワークは仕事の内容や目的は違いますが、実際行う行動は一緒のこともあり、電話応対、接客対応、ファイリングなど、どの職種についても行うときがあります。電話応対は、お客様や社内の人の相手をして、慣れがあり口調やテンポなど、ベテランになると流暢な話し方ができるようになります。出てくる単語も新人と、ベテランでは全く違うものとなり、それはどこに行っても役に立つこととなります。お客様が会社に来られることもあるので、応接室への案内や、お茶の出し方などは身に着けておいたほうがようです。

そのため、むしろ座っているのが苦手でオフィスワークも敬遠しがちという人ほど、オフィスワークに向いているという見方もあります。上司や同僚の代わりにコピーや書類を取りに行ったり、積極的に質問に出向いたりすれば、座っていたくないという自分の欲求を満たしつつ、周りからの評判を上げることもできます。また、頻繁に立ち回ることで、ずっと座りっぱなしの人よりも周囲から受ける刺激も多くなるため、かえって良いアイディアが浮かんだり、座っているときの集中力が増して短時間で仕事を終わらせられるということもあります。このように、オフィスワークというのは決して、ずっと落ち着いて座っていられる人だけが向いているとは限りません。


Copyright(c) 2018 日本とどう違う?海外のオフィスワーク事情 All Rights Reserved.