主には事務職であるオフィスワークは、あまり体を動かさないからこそ体にかかる負担があります。

日本とどう違う?海外のオフィスワーク事情

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索



Navigation
日本とどう違う?海外のオフィスワーク事情

オフィスワークの説明と、体への負担と、その予防法について

オフィスワークとは、その字の通り、オフィス内で行う仕事、業務のことを意味します。工場での労働や肉体労働の対義語として使われることも多く、一般的には、主には事務仕事を意味することが多いようです。このオフィスワークは、肉体労働などに比べると、体を動かすことが少ないため、体への負担や疲労も少ない仕事というイメージを持たれがちですが、実際はそうではありません。ここでは、オフィスワークに多い体への負担、疲労を書いていき、その対策や予防法について紹介していきます。

まず、オフィスワークは事務仕事と言うこともあり、イスに腰掛けこなす仕事が非常に多いです。また、常にパソコンを利用していたり、書類に目を通すという仕事も多いです。そのため、オフィスワーク特有の体にかかる負担、疲労としてむくみや肩こり、頭痛や目の疲れなどが挙げられます。これらの負担、疲労の多くは、椅子に長時間座り、ほとんど同じ姿勢でいるために全身の血のめぐりが悪くなって起こるものです。また、脱水していることに気づきにくく、水分を補給しないと言うことも、結果的には血のめぐりを悪くしている原因となるため、これらの負担、疲労の原因になっています。

オフィスワークが実務経験ありを求めるのは、そういった基本的なことが最初からできるかどうかになっています。一から教えるのと、だいだいできるのでは全く違ってきます。もちろんその職種ごとに特徴があるので、最終的に完全にできるようになるのは、それをゼロから覚えることになりますが、それまでの経験は、ゼロの自分のところを助けることになります。


Copyright(c) 2018 日本とどう違う?海外のオフィスワーク事情 All Rights Reserved.